水虫の初期症状は?

男女問わず誰しもが発症してしまう水虫。油断しているとすぐまた再発してしまう大変やっかいな病気です。近年では女性の発症も増えていますが、そんな水虫の初期症状とはどんな状態の事を指すのでしょうか?このサイトで詳しくご説明したいと思います。

水虫の原因菌は?

水虫は男性がかかるイメージですが、女性でもかかる病気です。原因となるのは、カビの一種である白癬菌です。白癬菌は人の紙や角質、動物の毛などに含まれるたんぱく質を好んで繁殖するカビです。水虫にかかった人の皮膚から角質がはがれた場合、その中に白癬菌が存在し、それらを素足で踏んだりすることによって白癬菌が付着することによって感染します。ただし、踏んでしまったからといってすぐに感染するわけではなく、洗い流されなかった白癬菌が傷ついた角質から入り込み、なおかつそこから繁殖しやすい環境にあった場合に水虫に感染し、症状があらわれます。白癬菌は手や体にも付着しますが、感染する部位のほとんどが足です。その理由は、白癬菌が高温多湿を好むからです。靴や靴下を履くことで、1日の多くの時間高温多湿状態になりやすいのが足なのです。男女問わず感染するのはこのような理由からです。基本的に、足が清潔に保たれていれば、感染や繁殖を回避することができますが、長時間靴を履いた状態である以外にも、汗をかきやすい体質、足の指が太く隙間がない、糖尿病などの免疫不全といった原因からも感染しやすい環境をつくっています。白癬菌が感染する部位により、あらわれる症状は異なります。足にできる水虫は、指の間にできる趾間型、小さい水疱ができる小水疱型、足の裏がガサガサ乾燥する角質増殖型があります。爪に感染すると、爪白癬といって、爪が縦じわができる症状があらわれます。注意したいのは、足にかゆみがあるなどと水虫の症状が感じられても、皮膚炎や白癬菌でない菌が原因の別の病気の場合があるということです。その場合は水虫の薬を使用しても改善されません。自己判断せず、病院で診察を受けて、正しい薬を処方してもらうことがおすすめです。

水虫の種類はどのくらい?

水虫の症状は足だけでなく粘膜を除いた体全体、股、手、頭に発症します。症状が出る場所によって病名は異なってきます。夏になると症状が出る人が増えますので、それぞれの症状についてみていきましょう。まず、水虫になる原因ですが白癬菌というカビ(真菌)が皮膚の表面にある角質に寄生して繁殖しておこります。白癬菌は皮膚の角質層にあるケラチンを栄養源にしており、角質が多い場所に寄生します。ケラチンが少ない粘膜には存在しないので口のなかには白癬菌はいません。髪の毛や爪は角質が変化したものなので白癬菌が栄養源にしようと寄生するので頭や爪に水虫の症状がおこります。足の角質層に寄生して症状がでると足水虫と呼ばれ、水虫全体の7割を占めています。更に症状によって小水疱型、趾間型、角質増殖型、爪白癬に分かれます。股の部分に出来るといんきんたむしと呼ばれます。1cm程の湿疹ができ、悪化すると水ぶくれができて強い痒みを伴います。痒みや症状が体に見られる場合はぜにたむしといい、赤い輪のような形の水虫ができます。動物にも白癬菌は生息しており、近年はペットのイヌやネコから人に感染することが増えてきました。により手の水虫は発症数は少ないですが感染すると症状がでます。小さい湿疹ができますが、他の病気と間違えることが多いので自己判断で治療を行っても改善しません。頭に白癬菌が寄生して発症するとしらくもと呼ばれます。痒みはなく白いフケの様なものが出て抜け毛が多くなります。このように様々な種類がありますが、自己判断で市販の治療薬を使用しても症状が改善しない場合は違う病気の場合があります。皮膚科できちんと検査を行って白癬菌の感染によるものか診断してもらい適切な治療を行いましょう。

水虫繁殖を予防する方法

白癬菌などをはじめとする真菌に感染することで発症する水虫は、放置をしているとどんどん繁殖していくことになってしまいます。原因菌が繁殖すれば症状はひどくなりますし、最初は小規模なものであってもだんだん広範囲に移っていくこともあるでしょう。では水虫の繁殖を防止するにはどういったことに注意をすればよいのかというと、ここでチェックするべきとなるのが水虫、白癬菌が好む環境に付いてです。環境が白癬菌にとって最適なものであればそれだけ繁殖しやすくなってしまいますから、そうした環境は作らないようにするのがベストなのです。ではその環境とは何かというと温度が20~40℃、湿度が60~80%の環境であると言えます。20~40℃というのは人の体温によって自然に作られる温度であるため、対策を立てていくのであれば湿度に付いて対策していくべきでしょう。そしてここでチェックしたいのが、日本という国で水虫が一般化してきたのは洋服文化が定着してからだということです。もちろん江戸時代などの過去にも水虫の記録はありますが、現在のように多くの人が悩まされるようになったのは靴と靴下が普及した現代になってからのことです。というのも靴下を履くと足の温度が下がりづらくなり、加えて靴で外側をカバーすることで湿度が上がりやすくなるという環境が作られるからです。つまり、水虫が発生している間はなるべく靴と靴下を使わないようにするというのが必要となります。ビジネスの場などでは仕方ありませんが、なるべく通気性の良い靴や靴下を選ぶことは非常に重要です。また家族に水虫を持つ人がいるというのであれば、その人と足ふきマットやバスタオルを共用しないようにすることも必要です。洗濯で白癬菌が移ることはありませんから、その点に付いては心配する必要はないでしょう。気を抜くと白癬菌はすぐに繁殖しますから、普段からの心掛けが大切となります。
●水虫治療薬の購入は
ニゾラールをネットで簡単に買う
●水虫の薬は成分が重要
ケトコナゾール