男女問わず誰しもが発症してしまう水虫。油断しているとすぐまた再発してしまう大変やっかいな病気です。近年では女性の発症も増えていますが、そんな水虫の初期症状とはどんな状態の事を指すのでしょうか?このサイトで詳しくご説明したいと思います。

水疱などを伴う水虫治療にハイターは有効か?

水虫は皮膚が白癬菌に感染して起こります。症状を持つ人の剥がれ落ちた皮膚には白癬菌が生きており、これを素足で踏んだ人は白癬菌に感染しますが、すぐに症状は現れません。この人が皮膚の汗や汚れを放置して肌をアルカリ性にしたまま高温多湿の状態にいると、白癬菌が繁殖して水虫を発症します。
水虫は体中のあらゆる部位に発症します。特に足に多く、趾間型、小水疱型、角質増殖型に分類されます。趾間型は足の指の間の皮がむけたりします。小水疱型は指の付け根や足の側面、土踏まずなどに小さな水疱が出来ます。湿疹と似ているので、素人判断は危険です。角質増殖型は長期間足疥癬を放置した後に進行するもので、足の裏が全体的に厚く固くなり、ひび割れます。痒みや水疱などが現れないので、発見が遅れがちです。この他、最も人に感染させやすい爪白癬、シラクモと言われる頭部白癬、インキンタムシと言われる股部白癬、ゼニタムシと言われる体部白癬の他、珍しいと言われる手白癬があります。
水虫の治療には気付いたらすぐに皮膚科を受診する事が必要です。水虫と診断されると抗真菌薬の塗り薬、爪疥癬の場合は飲み薬が処方されます。白癬菌は皮膚組織の内側まで浸透しているので、皮膚が生え変わる1~2か月の間、継続して薬を使用する必要があります。
最近、ハイターなどの漂白剤を使って水虫を治療した、との情報がネットに投稿され、話題になっています。しかしハイターなどの漂白剤はタイルやパテなどに使用するもので、人間の皮膚は想定外です。ハイターの注意書きにも、皮膚に付着した場合はすぐに流水でヌメリが無くなるまで洗い流す、とあります。白癬菌に侵された皮膚にハイターなどの強アルカリ性の液体を付けると、強い刺激となり、ただれを起こしてしまいます。この結果、皮膚のただれを先に治療するため水虫の治療開始がさらに遅れ、通院が長期化して余分な費用が掛かってしまいます。