男女問わず誰しもが発症してしまう水虫。油断しているとすぐまた再発してしまう大変やっかいな病気です。近年では女性の発症も増えていますが、そんな水虫の初期症状とはどんな状態の事を指すのでしょうか?このサイトで詳しくご説明したいと思います。

水虫の原因白癬菌には治療用ソックス専用が効果あり

水虫の原因となる白癬菌は、カビの一種で高温多湿を好みます。
一般的な水虫の予防と治療は、乾燥と清潔が基本となっていて、中でも5本指ソックスが効果的と言われています。
皮膚が乾燥していれば水虫感染のリスクは低くなり、もし感染したとしても白癬菌が皮膚の中に入り込むまでには、24時間かかり、その間に風呂に入り皮膚上の白癬菌を洗い流せば水虫にはかかりません。
ただ足の指の間は湿度が高くなりがちなので、乾燥させるためにも5本指ソックスは効果的です。

もし水虫に感染した場合、水虫治療薬を塗布して治療しますが、薬剤を浸透させるためにワセリンをたっぷり塗るのも効果があるとされています。
ただ問題なのが、ワセリンがべったりと服や布団などに付くことです。
ふつうのソックスを上から履いても、ソックスがべったりと汚れてしまいます。
そういった場合に役立つのが、治療用ソックス専用の靴下です。
構造は薬剤をつけたカバー状のソックスで、表面を伸縮性のある防水層で覆っているので、薬剤やワセリンが漏れることがなく、長期間継続して患部を治療することができます。
治療用ソックス専用となっていますが、一見普通の靴下に見えるので違和感なく使用することができます。
また睡眠中や仕事中など、いつでもどこでも無理なく治療することができます。
一回あたりの治療時間が長くなるので、結果として短期間で水虫治療が行えるのもメリットといえます。
治療用ソックス専用のものには、5本指のものもあるので、特に足の指が重傷の方は5本指のものを使用することをおすすめします。

予防には靴や靴下を清潔な状態に保つことが大切です。
特に足の発汗量が多い人や蒸れやすい人は、5本指ソックスを2枚重ねて履くことをおすすめします。